一般歯科

最後まで歯を残す治療

ご自分の歯を最大限に、最後まで快適に使えるように残すことを第一に考えて、診療を進めております。
また、歯周病は全身の健康に大きな影響を与えることから、その治癒と改善に最大の努力をさせていただいており、さらに、治療の結果が長く続き、再発を予防するためにもアフターフォローを定期的にさせていただいております。
結果的には快適な生活支え、また医療費の節減にもつながります。渡辺歯科クリニックでは、痛くなくリラックスして診療を受けられるよう心がけております。
虫歯と歯周病対策は早期治療と予防です。

安心・安全の治療

当院では患者さんのお体の全身の状況を、たとえば
通院中の病気、服用しているお薬等を十分に把握して診療をしています。
症状によっては、大学病院、都立病院等と連携して診療を進めています。
また、年齢などを考慮して、血圧測定、血中の酸素飽和度の測定、心拍の動きを確認の上で治療に当っています。

また、万一のためのAEDを設置しております。
診療器具は患者さんお一人ごとに、滅菌消毒したものを使用しております。

虫歯

1.冷たい水がしみる
2.お湯がしみる
3.ずきずき痛い


虫歯の進行に伴う神経の症状は、ほぼこの順です。早期治療が歯と歯の神経を保存するために必要です。極力削る部分を少なくして歯を保存し、適切な詰め物や冠(被せ物)などで歯を保護します。白い歯が可能です。

歯周病

歯周病とは?

歯周病の進行
歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称です。歯周炎には自然治癒はありません。
当クリニックの治療と日々の患者さんご自身のお口のケアによって進行をストップさせます。

歯周病と全身疾患との関係

糖尿病 歯周病が糖尿病を悪化させる
糖尿病が悪化すると免疫力が低下し歯周病が悪化します。また歯周病が悪化すると炎症性因子(TNF-αなどのサイトカイン)が持続的に産生され、これらの物質がインスリンの作用を阻害するため、糖尿病に罹患しやすく、症状の進行も速いと考えられています。すなわち、歯周病と糖尿病は相互に影響があることがわかってきています。
肺 炎 肺炎を起こす口の中の細菌
高齢者・寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている人に「誤嚥性肺炎」が多く発生しています。誤嚥性肺炎を起こした人から、口の中の細菌が多く見つかっているため、歯周病菌を含む口の中の細菌が誤嚥性肺炎の重大な原因の一つと考えられています。
狭心症心
筋梗塞
歯周病菌が心臓病のリスクを高める
歯周病菌が血液中に流れ込み心臓の内膜に付着すると心内膜炎を引き起こすことがあります。さらに、歯周病菌が血管に付着すると、動脈硬化を引き起こし狭心症や心筋梗塞など心臓病のリスクを高めることもわかってきました。
認知症
(動脈硬化)
歯周病予防で認知症も予防
CT画像検査での調査で、残っている歯が少ない人ほど脳の委縮(アルツハイマー型認知症)が進んでいたという報告があります。また、歯周病菌が動脈硬化を促進するので、歯周病予防が脳血管性の痴ほう症の危険を減らすことになります。
低体重児
骨粗しょう症
歯周病菌が妊娠・出産時にも悪影響
妊婦さんが歯周病になると低体重児出産や早産となるリスクが高まることが知られています。これは歯周病菌が胎盤や子宮も感染し、歯周病の炎症により出てくるプロスタグランジン(PGE2:子宮の収縮などにかかわる生理活性物質)などの物質が子宮や頸管に影響するためと考えられています。
高血圧 高血圧
歯周病になると歯肉に炎症性物質が増えます。それが、血流を介し血管性障害が生じ、高血圧の原因になります。歯周病の治療は高血圧の予防にもなります。
歯が失われる原因の42%は歯周病です。早期はもちろん中程度の歯周病についても、最大限歯を残すように治療を行っています。さらに、定期的にチェックして再発を予防します。予防のための患者さんにあった歯の磨き方と歯ブラシの選び方や歯間ブラシなどの補助道具の使い方においても、ご説明させていただきます。

困難な入れ歯を解消します

入れ歯でお困りの患者さんへ。
満足して、安心して噛める入れ歯のために技術の全てを使って対応しています。しっかり噛んで脳の老化を防ぐことに役立てましょう。食事の為に脳はフルに活動し、脳の血流は25%以上も多くなります。

入れ歯でお困りの方、まず「入れ歯の無料相談」いかがでか。
ご希望に合った治療方針をご説明致します。

口臭

口臭の無料測定を致します。
気になる方は、お申し出下さいませ。